チュートリアル1: 開発環境構築

本章では、Djangoで開発実装を進めるチュートリアルを扱います。
チュートリアル全体で以下を達成するのが目的です。

  1. 仮想環境を構築して、Djangoをインストールする
  2. プロジェクトを作成してアプリケーションを3つ追加する
  3. プロジェクト全体の設定を行い、3つのページのルーティングを実装する
  4. Bootstrapを使用できるようにして、基本的なフロントエンドの機能を扱う

以上4つの目的を全て達成できれば基本的にどんなサービスでも開発実装を進めることができるようになります。
あとはサービス内容に応じて、models.pyやviews.py、htmlファイルなどをカスタマイズしていくことになります。

まずはプロジェクトの概要と仕様を確認していきましょう。

プロジェクトの概要と仕様

概要:
自分専用のポートフォリオを作成する
bootstrap4を使用
なお今回はプロジェクト作成から、views.pyなどを書いていく実装の手前までを扱う

プロジェクト名:
my_portfolio

app:

  • portfolio
    ポートフォリオ関係の機能
  • account
    アカウント情報などを扱う機能
    URLはaccount/からはじめる
  • function
    お問い合わせなどを扱う機能

1.仮想環境を構築して、Djangoをインストールする

ではまず仮想環境を構築してDjangoをインストールしていきましょう。

ターミナル

// プロジェクト用のディレクトリを作成してそこに移動
mkdir my_portfolio
cd my_portfolio
// virtualenvを使用して仮想環境を構築
virtualenv myvenv

// 仮想環境に入る
source myvenv/bin/activate

// Djangoのインストール
pip install django

チュートリアル2へ続きます。