モデルの作成

モデルの作成

Djangoでは、モデルを書くことでmodels.pyにてデータベースを管理します。
DjangoでDBを構築するのは驚くほど簡単です。
models.pyに記述したClassがそのままデータベースに登録されます。

モデルの構築

Djangoのモデルは、PythonのClassで記述されます。

sample_app/models.py

from django.db import models

class Sample(models.Model):

    title = models.CharField(max_length=100)
    timestamp = models.DateTimeField(auto_now=True)

これでDjangoプロジェクトのデータベーステーブルを記述することができました。
Class名は任意ですが、基本的に大文字で始めます。
クラス内変数にフィールドを追加していきます。
フィールドの種類には様々あり、ここでは

CharField(文字列)
DateTimeField(日時)

の2種類を使用しています。

makemigrationsとmigrate

models.pyの記述が完了したら、makemigrationsすることでmigrationファイルを作成することができます。
migrationファイルは、データベース作成の記録のようなもので、実際にはこのファイルを元にデータベースにテーブル情報が書き込まれます。

ターミナル

python manage.py makemigrations

makemigrationsができたら、migrateを行ってデータベースへのテーブルの登録が完了します。

ターミナル

python manage.py migrate

これでmodels.pyを記述してデータベースの登録が完了しました。
あとはこの作業の繰り返しです。
次に各種フィールドについて見ていきましょう!