アプリケーションの追加

アプリケーションを追加する

基本的にDjangoの実装手順は、機能ごとに区分けされたアプリケーション(以下全てapp)にデータベース、バックエンド、ルーティングの処理を記述していきます。
その際に使用するコマンドが startapp です。
プロジェクトの作成 で作成した sample_project に実際にappを追加していきましょう。

startapp

appを追加するには、manage.py コマンドを使用します。
語尾に名前を入力することでappの名前を指定することができます。

python manage.py startapp account

上記のコマンドで account という名前のappが追加されました。

ls
account db.sqlite3 manage.py sample_project

accountのフォルダの中には主に以下のようなファイルが自動作成されています。

  • admin.py
  • models.py
  • tests.py
  • views.py

それぞれの役割などは はじめに プロジェクト構成 に詳しい説明があります。

さらにappを追加する

appは基本的にいくつでもプロジェクトへ追加することができます。

別のappをさらに追加してみましょう。

python manage.py startapp service
ls
// 出力
account db.sqlite3 manage.py sample_project service

新規機能が必要でさらに機能を区分けする必要がある場合、 startappコマンドを用いてappを追加していき、開発を進めていくことが出来ます。

プロジェクトの立ち上げを終えたら

python manage.py startappでプロジェクトの立ち上げを終えたら、今度はそのappをプロジェクト内で読み込まれるような設定や、フロントエンド、URLルーティングの設定などが必要になってきます。
configフォルダ(プロジェクトと同じ名前のフォルダ)内のsettings.pyurls.pyファイルも初めてここで触れていくことになります。何度も見て書いて、テンプレート化できると良いでしょう。