Python 文字列に値を組み込む

ケース

文字列に値を組み込む


文字列.format(値)

Pythonでは、上記のように文字列の後に、format()を使用することで、数字、文字列に関係なく値を組み込むことができます。
変数も指定することができます。

他にもやり方はありますが、formatで統一するとコード全体の可読性が高くなります。

price = 200
print("値段は{}です。".format(price))
# 出力結果
値段は200です

複数でも可能

apple = 198
orange = 120
sum = apple + orange
print("りんごは{}円、オレンジは{}円、合計は{}円です。".format(apple, orange, sum))
# 出力結果
りんごは198円、オレンジは120円、合計は318円です。