Pythonをインストールしよう

本記事の対象者
  • プログラミング初心者
  • プログラミングを始めるためにPCを購入したばかり
  • プログラミングを始めたい方

この記事では、Pythonでプログラミングを始めるために、PCにPythonをインストールしていく方法を参考になる記事を主体に書いていきます。

Pythonには、Python2とPython3がありますが、2020年4月現在、Python2の公式サポートは終了しているので、当サイトではPython3のことをPythonと呼んでいきます。

Pythonをインストールするために

以下のWebサイトを参考にして、Pythonをインストールしましょう。

PythonをPCにインストール

サイト内で、Windows向けとMac向けがあります。

両方とも、Pythonの公式サイトから、インストーラーと呼ばれるものをダウンロードすれば大丈夫なのですが、

Macの方は、2つめのやり方の Homebrewを用いてPython3をダウンロードする方法を試しましょう!

今後、様々なパッケージを自分のPCにダウンロードしていく上で、Homebrewというツールを使うことが多くなるので、今のうちに慣れておくためです。

参考までに全てのサイトへのリンクを記述しておきます。

Python公式サイト

Homebrew 日本語サイト(Mac向け)

Macの方向けに

Homebrewのサイトに飛ぶと、いきなり、インストール という文字とその下にコードが出てきます。そのサイトに従い、PCのターミナルで、インストール直下のコードを打ち込めば、homebrewのインストールは完了です。

Homebrewとは、Macに色々なソフトウェアを入れるのを簡単にしてくれるツールです。便利なので、今のうちに入れておきましょう!

Qiita: homebrewとは何者か。仕組みについて調べてみた

今回は、プログラミングを始めるために、PCを買ったばかりの方を想定して、まずは、PythonをPCにインストールする方法を、既に世に公開されているわかりやすい記事を共有しながら説明していきました。

これで、まずはPythonを極めるための前準備ができましたね。

ここまで読み進めて、Pythonが本当にインストールされているか不安な方は、ターミナルで

Python

と打ち込んでみてください。

英語が出てきて、Pythonと出てくればインストールされている証です。
Pythonの横にバージョン番号が少数で出てくるので、それが3.4 や 3.5またはそれ以上になっていればOKです。

エラーになった場合は、どこかで間違っている可能性があるので、上記サイトを読み直したり、

Pythonがインストールできない

といった書き方でGoogle 検索してみましょう。

プログラミングをする上で一番必要な能力は、Google検索を使いこなす力です。これからどんどんわからないことはGoogle先生に相談していく癖をつけましょう!